プロフィール

まつもと剛志

Author:まつもと剛志
4コマ漫画描いてます。
白泉社より
まじかるストロベリィ全10巻
キミとおやすみ全3巻
ロボ山さんGO FIGHT!全1巻
しんにち!全2巻
芳文社より
野菜畑でつかまえて全2巻  
発売中
comico PLUSにて
FFBE漫画連載中


なにかご連絡の際は
上記メールアドレスまでどうぞ。

Graphical Clock 黒板

新日本プロレス高専
日直:棚橋

最新記事

カテゴリ

ページ移動

まじスト☆おみくじ

©Plug-in by

検索フォーム

リンク

FFBE(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス)

FFBEロゴ
新しいお仕事の報告です!
スクウェア・エニックスさんが運営するRPG「FFBE(ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス)」
スマホやタブレット端末で大好評のこちらのゲーム
このタイトルのコミカライズ作品を描かせていただくことになりました^^
FFBE
ファイナルファンタジーといえば自分的には「FF6」がどんぴしゃでしょうか
多感な時期に、充実した冒険体験を味合わせていただきました。
そんなビッグタイトルに少しでも関わらせていただけるなんて実に光栄であります
特にこちらのFFBE、過去のシリーズのキャラ達も大勢参戦しているので
過去作に思い入れのある方にもぜひオススメです^^

画面の作りも昔ながらのドット絵なのでそこも古参ゲーマーにはうれしいですよね、
ストーリー展開も良い具合に王道的でアツイ感じ。
過去作が恋しい方にもその時代を知らない方にもぜひプレイしてほしいです。

漫画自体の掲載に関してはまた追ってご報告できればと思います
連載開始の際にはどうぞよろしくです、
では寒い毎日みなさんお元気でー、ではね^^

Aimer の「day dream」聴いてます

Aimer の「day dream」というアルバムを聴いてます。
day dream
Aimerと書いてエメさんと読むらしい女性シンガー
彼女の声に惚れた著名なバンドマンたちが楽曲提供およびプロデュースを手がけた一枚
きっかけはRADWIMPSの野田さんが書いた曲「蝶々結び」が目当てだったんですが
他にも充実した曲が沢山。

なかでも「カタオモイ」という曲がお気に入りです
プロデュースを担当したのは内澤崇仁さんという方
「androp」というバンドをやっているそうで、少し調べてみたらドラマの主題歌とかもやってる
結構な有名なバンドなんですね
良いものをつくる人にはもっと光が当たればいいなと思いますよね
もう十分有名なんでしょうが「androp」のこれからに期待しております^^

今、ラジオがアツいよ

PCでラジオが聴けるサイト「ラジコ」ですが
最近になって「タイムフリー聴取機能」なるものが付きました
これは過去1週間ぶんの放送をストリーミングとして聴くことが出来るという
なんとも太っ腹な機能なのです。

今まで生活サイクルと合わなくて聴けなかった番組など、
自分の時間に合わせてゆっくり聴くことが出来るようになりました
聴く習慣のない方もこれを機に、ぜひ生活の中にラジオを取り入れてみては
いかがでしょうか。

あと最近なんだか音楽関係がにぎやかな感じがしてます、
売り上げ的にはそう変わってないのかも知れませんがラジオを聴いていても
気になる曲が多いような、なんとも嬉しいことです。
RADWIMPSのアルバムも出ますしねー^^
楽しみな発売日があるというのはなんとも幸せなことです

ではみなさん季節の変わり目、体調には気をつけてくださいね~。

坦々麺おいしい

だんだん涼しくなってきて、お鍋なんかが美味しくなる季節
今回のおいしいもの紹介はこちら

坦々麺

日清の「行列のできる店のラーメン」坦々麺です
袋入り2食のラーメンですね
いや、これもうお店の味ですよね、すごい完成度。

このスープに水を多めでシャンタンの素(ウェイパー)で野菜多めで
坦々麺鍋にしても美味しいと思います。
鍋のつゆを買うより安上がりかも知れません。

最近は中食(家で手を加えて完成する食品)がすごいレベル高くて助かりますね
この冬も新しい発見があるといいなぁ。

低温調理と鶏ムネ肉と

低脂肪で高タンパクなお肉、鶏ムネ肉。
その上大変お安くなっていることが多い理想的なこの食材、
最大の難点は火を通すとパサパサになりがちだということ。
おいしいゆで鶏を気軽に作れたらいいのになぁ

そこで着目した調理法、それが低温調理です
鶏肉は65度を越えるような高温でどんどん硬くなってしまうそうで
それ以下の温度でじっくり火を通す、それが低温調理です。
その道の詳しい方のサイトによると60度で1時間、が目安とのこと。
お湯の温度を一定に保つ専用の調理器具があれば理想的なんですが
専用の低温調理器はどうしても高価になってしまう、
そこで買ってみたのが「スロークッカー」です。

→amazon

スロークッカー

続きを読む »

前のページ «  ホーム  »  次のページ